HOKKAIDO TRIP2009

2009年2月19日 at 2:30 AM

帰ってきて一週間ほど経ってしまいましたが今年も北海道に行ってまいりました。突然に。

今回はTOOLATEの大住氏と浦本氏と約1週間男くさい旅をしてきました。

大住氏と浦本氏
大住氏と浦本氏

■今回の日程
2/3 フェリー搭乗(新潟-苫小牧東)
2/4 SAM’S BIKE(札幌)にて大住氏浦本氏と合流そのままニセコへ、チセヌプリ&シークレットスポットにてBCライド
2/5 ニセコワイス & ニセコアンヌプリ(ナイター)滑走
2/6 さとる君と合流 ニセコヒラフ滑走
2/7 アンヌプリ & ヒラフ東尾根BC
2/8 札幌国際で北海道のみんなと滑る
2/9 チセヌプリ & 再びシークレットスポット
2/10 大住氏、浦本氏と千歳でお別れ。SAM & KAZOO誕生日ライブ
2/11 チセヌプリでオリエちゃん&MADと何年だ?ぶりに滑る。→苫小牧東からフェリー乗船
2/12 白馬に帰還、雪が無い

という感じの旅でした。それでは写真やらムービーと併せてどうぞ

ニセコローカルNAKASHI君のガイドのもとチセヌプリを1時間くらいかけて登る。? スノースクートの他にスノーボード、スキー、テレマークという雪上アイテムが勢ぞろいのめずらしいチーム。

チセヌプリ山頂にて
チセヌプリ山頂にて

URAMOTO

登っている途中はあまりの苦しさに「もう2度と登りたくない」と思うが、山頂から誰も踏み入れていない斜面を滑り降りて下に着くころにはそんな感情も忘れている。

lightascent_green_large.jpg
今回はMSRのスノーシューを使用。 これからスノーシュー買う人は少し高いけどヒール・リフター(急坂でかかとを持ち上げるシステム)が付いているものを買ったほうがいい。

ニセコアンヌプリのナイターを滑走

夜はアンヌプリ近くのYOUロッヂ旅物語さんにお世話になる。料金の安さも魅力だが晩御飯のおいしいことおいしいこと。そしてオーナー五十嵐さんをはじめとした宿の雰囲気の良さに1ヶ月以上も連泊してしまう方もいらっしゃいました。すばらしい出会いの出来る宿です。来年は僕もロングステイしたいと思います。
旅物語

さとるくんと合流してヒラフを滑った翌日、旅物語のオーナー五十嵐さんのガイドのもと、アンヌプリの面白いところを案内してもらう。(五十嵐さん:ムービーと写真近々お送りします。)
Rider : URAMOTO
Rider : OHSUMI
Rider : SATORU

旅物語の常連さん酒井さんのガイドのもとアンヌプリ山頂からBCで東尾根を滑走する。ニセコの魅力のほんの一部に触れた気がする。スゴイの一言。
アンヌプリ山頂非難小屋にて
山頂で天気がなかなか回復せず非難小屋で待機

札幌に戻り札幌国際を滑る。さとるくんの呼びかけのもと帯広や富良野からもライダーが集まり15人ほどで滑る。滑ってるそばからどんどん雪が積もってくる悪天候だったけど北海道の雪の良さを満喫(悪天候のため写真は無し…ごめん)

月曜日はどこに行こうか迷っていたが、朝起きたら晴れていたのでNAKASHI君に連絡をし、再びニセコへ。チセヌプリとシークレットスポットを滑る。
img_1318-1.JPG
img_1336-1.JPG
img_1326-1.JPG
img_1386-1.JPG

ニセコジンギスカンで本場のジンギスカンを食して札幌に帰る。うまい。
ニセコジンギスカン

札幌では毎回毎回お世話になっているSAM’S BIKEに泊めていただきました。
img_1674-1.JPG
moon36スープカリー
うわさには聞いていたがSAM’S BIKE内にスープカリー屋moon36がオープン。あっさりスープでウマイ。
img_1762-1.JPG
夜はSAMさん&KAZOO誕生日ライブを観に行く。ええもんじゃのう。

最終日、そのまま苫小牧からフェリーに乗って帰ろうと思っていたのだが、久々にオリエちゃんと連絡がとれ、なんとチセに滑りに行くとのことだったので苫小牧に行く途中に滑りに行く。ほんと何年ぶりに一緒に滑ったのだろう。

そんこんなで白馬に帰ってまいりました。リフトにも乗ったけど何回かBCを登って滑ってを繰り返しBCの魅力のとりこに少しだけなりました。
お世話になった皆さん、誘ってくれた大住さんうらもっくん、旅の途中猫の世話をしてくれた組長…ほんとにありがとうございました。

その他の写真はFlickrでどうぞ。 
HOKKAIDO TORIP 2009 PHOTOS