パウダーボード「フライングフィッシュ」

2012年11月20日 at 2:08 AM

どうもお久しぶりです。
白馬のスキー場は例年になく早いオープンをしております。僕が知る限り一番早いオープンです。
ちょっと色々とやることがあるのでシーズンインはしておりませんが今のうちにパウダーボード「Flying Fish」について開発コンセプトや乗り方について説明をしておこうと思います。

開発コンセプト
「パウダーで浮きたい」これだけです。
あれもしたい、これもしたいと突き詰めていった結果が現在のスノーモトやスノースクートのボードの形状を産み出しています。でもパウダーは気持よく滑ることができません。だって浮かないんだもん。ということで色々な性能を犠牲にしてでも「パウダー天国を味わいたい」ただそれだけの為にこのボードは産み出されました。なので整地で乗ってカービングが出来ないやら取り回しが悪いと言われても困ってしまいます。

デザイン
模様のことではなく設計(デザイン)コンセプトのお話
今までのスノーバイク用のボードの常識を壊しています。前と後ろのエッジが食い込んでるとカービングが出来ているという風潮がありましたが足元のエッジングが疎かになっていて力を使って強引にターンをする構造なんです。このボードはフロントボードの固定位置~リヤボード後ろ側の固定位置までがエッジングするように設計しています。切れ込んでいくターンでなくソール面全体を使ってターンする構造になっています。それはもちろんパウダーで浮くため。
正しい乗り方をすればつま先まで浮き出ることが可能です。プッシュすれば雪面から飛び出すことも可能です。またフロントのキックを大きく取り軽くロッカー構造にすることにより簡単に浮き出ることが可能です。またリヤは適度に浮力を落とし沈めることによりコントロールしやすくなっています。フレックスは適度に柔らかめ。これはパウダー用(エクストリーム用ではない)のスキーと共通です。

サイドカーブはありません。なぜか?足元のエッジングをコントロールしやすくするためですが、一番の理由は横滑りとトラバースのコントロールをしやすくする為です。これはバックカントリーに行った時非常に重要になります。太いボードなのでカウンターの当たりを減少させる効果もあります。

ボードの太さはmax320mm。スノースクートのボードで270mm程度、スノーモトのボードで240mm程度なので圧倒的に浮力が増します。また長さも前後合わせて約1780mmとパウダー用のスキー並の長さを持っています。

これらの設計は全てパウダーで浮きたいが為のデザインです。

さて次回はおすすめセッティングの乗り方の予定です。
あまりにも従来のボードと違うため今までの滑りをしてると乗りにくいだけです。今までの滑りを捨てて滑る必要があります。そこらへんを書きたいと思っています。

SnowX

2012年9月24日 at 12:30 AM

へぇ~。こんなのもあるんだね。
→SnowX
しかしスーパーマンもここまでくるとスゴイな。カッコイイのかどうかは俺には判断できんけど。。。

Probmxmag #7

2012年8月13日 at 3:58 PM

Littlest Mountains 3

2012年4月17日 at 3:42 PM


ここ数年夏の間は山登りなんぞしているんですけどこんな映像を作っております。

パウダーボード The day – flying fish – リリースのお知らせ

2012年3月14日 at 10:37 AM

いろんな所で色々悪だくみしているイノウエです。
悪だくみのひとつ「パウダーボード」を株式会社エス・エイ・アイさんと組んで出すことになりました。

「The day」というブランド名で「flying fish」というパウダーボードを作りました。年末から2月中旬までテストという名目で遊びまわってました。とにかく楽しいボードができました。

ポイント①最大幅320mm、全長1,780mmで浮きまくり
ポイント②ロッカー構造を採用で浮きまくり
ポイント③アイスバーンや硬い不整地を除いて楽しめる。
ポイント④スノーモト、スノースクートの両方に取り付け可能のマルチホール採用

個人の注文窓口は僕、販売店さんの窓口はエス・エイ・アイさんが担当しています。
ボード単品とフレームセットの2パターンがあります。
ボード単品は10セットのみらしいのであっという間に予約終了となると思います。欲しい方は僕までご連絡下さい。
予約注文メール: taq@happydayz.jp

以下商品の詳細です。

このたび弊社では、スノーバイク界の第一人者として活動する一方、フリーの映像ディレクターとしてスノーバイクや山岳ビデオを世に送り出す長野白馬村在住の井上卓郎氏 (HAPPY DAYZ PRODUCTIONS) とのコラボレーションにより、スノーバイク用パウダーボードの開発を致しました。

開発のきっかけは、井上氏が長年スノーバイクを楽しむ中、「スキー・スノーボードと同等にパウダースノーを滑りたい」と言う想いと、来シーズンで9年目を迎えるスノーモトの「ユーザーの使用目的やゲレンデ環境に少しでも合ったボードを作ることが、ファンの拡大につながる」と言う思いから、このプロジェクトがスタートしました。開発にあたっては、ボードブランドでもある「The Day 最高の滑走日和」にちなみ、最高のライディングを全てのスノーバイクライダーに楽しんでもらいたいということで、スノーモトだけでなくスクートにも装着可能な仕様にしました。

「frying fish」は、最大幅320mm、全長1,780mmとパウダースノーボードにも勝るとも劣らない存在感と圧倒的な浮力で”飛魚”のように飛び、ロッカー構造のフロントボード(ベンド80mm)は、低速時から雪面に浮き出ることを容易にしました。さらにトップからテールにかけて細くシェイプラインを描き、テール側の浮力を落とすことで高いコントロール性能を確保。また、足元のエッジングを重視することでバックカントリーやゲレンデ圧雪バーンでも軽い取り回しが可能になりました。パウダーボードと謳っておりますが、コブ斜面、アイスバーンなどを除き様々な雪質を楽しむことができます。
来シーズンは必ずや多くのライダーに今まで経験したことのない”パウダーライディング”を味わって頂けることを自信を持ってお約束致します。

最後にこの開発プロジェクトに携わって頂いた多くのライダーやボードメーカーの方々に敬意を表すと共に、テストボードによる長時間のテスト走行の末ようやくこのボードを発売できる喜びにあらためて感謝致します。

ボードブランド:The Day 「最高の滑走日和」
ボードネーム:flying fish(フライング フィッシュ)
:コア材/ポプラ サイドウォール/ABS樹脂 ソール/HDPE4400 トップ/バンブー
オーバーコート仕上げ
ボードサイズ:Fボード/全長815mm 全幅320mm・297mm Rボード/全長995mm 全幅301mm・270mm
フレームキット価格/台数:スノーモトXTREME(コンプリートモデル) ¥188,000 (税込) 限定30台
ボードセット価格/セット:frying fishパウダーボードセット     ¥128,000 (税込) 限定10セット
対応機材:スノーモト(09モデル以降のAシリーズ)及びスノースクートに装着することができます。
:先行予約受付期間/2012年3月15日(木)~4月20日(金)
限定数での販売となります。追加生産は致しませんので、あらかじめご了承下さい。
納 期:只今のところ11月下旬を予定しています。
※スノーモトXTREME(コンプリートモデル)の詳細につきましては、後日詳しくご案内致します。

製品のお問合せ
◆販売店様窓口
(株)エス・エイ・アイ
山梨県北杜市長坂町大井ヶ森934-5
電 話:0551-32-6635
メール:sales@saisports.com
※弊社では本製品につきましては個人様へ直接販売はしておりません。

◆個人様窓口
HAPPY DAYZ PRODUCTIONS
長野県北安曇郡白馬村北城9464-128 どんぐりメゾネットB棟
メール: taq@happydayz.jp

SNOWSCOOT – Carving 2012

2012年3月10日 at 2:13 PM

昨晩カナダのニコのパンプトラック映像を紹介したばかりだけど、今日さらに衝撃的な映像がアップロードされてた。滑りも撮りも斬新。
【追記】
てっきりニコかと思ったらニコのパパだったよ!!!イケてる

Infinite Pumptrack Session by Frampton boys

2012年3月9日 at 9:11 PM

楽しそう。カナディアンニコのライディングはとてもスムーズで憧れる。